不倫をしている女性は恋愛に慣れていない人が多い

0Ais2LjIZI7w1結婚をしている身で道徳に反していることと言えば不倫です。
結婚していなくても、独身であるのに、結婚している人と不倫関係にある人も同じです。

不倫とは既婚者と恋に落ち、肉体関係のある状態です。
身近に聞くことも多い言葉で、ドラマや映画でも題材として上がります。

不倫ではどちらかが結婚している場合が多く、普通の恋人同士よりも隔たりが多いです。
友達にも簡単には言えませんし、デートの時間も制限があります。
とにかく結婚している方の都合に合わせなければいけないのが不倫です。

親にも紹介するわけにはいきませんし、将来のことを考えることもできません。
思い出も残しておくことができませんし、突然別れることになる場合もあります。
配偶者に対して気を使ったり、羨ましく思ったり、心から楽しいと感じられる関係ではありません。
この不倫ですが続く人は続きます。

不倫で多いのが既婚者の男性と未婚の女性が関係を持っているパターンです。
しかも、不倫の状態を長期間続けられる女性に焦点をあてて分析してみたいと思います。

まずは女性の生活環境ですが、自立している女性が多いです。
交際費を全て男性任せにしている女性の場合は長く続かないよう得す。

また仕事や趣味に一生懸命で、恋愛のことしか考えられないような人ではありません。
不倫の辛さをほかで解消できる女性は長続きしている傾向があります。
不倫関係にある男性に不満をぶつける人もいると思いますが、長続きしている女性は、それを男性以外に当てます。

このタイプの女性は恋愛が得意ではありません。
恋愛に対しては臆病になっていて、問題から目を離す傾向があります。
最終的には不倫という形で、重くのしかからないような関係でいたいと思っているようです。
無責任といえば無責任なのかもしれません。

不倫関係の場合、恋愛感情が大きくなるほど相手の男性はストレスを感じます。
そういったことを一切要求せずに、ひと時を楽しませてくれる女性が不倫関係を長続きさせます。
簡単に言うと、相手をそこまで愛していないのかもしれません。
不倫は法に触れます。
ですからちゃんと考えたほうが良いのではないかと思います。

不倫とは一体何なのか?寂しさから不倫をする方がいます

一般的に不倫というと悪いイメージがあります。
子供にもあまり覚えて欲しくない言葉ではありますし、あまりよくないことではあります。
しかし、世の中には寂しさを埋めるために不倫に走ってしまう人はたくさんいます。

lwKle98TRmNBrc日本では不倫は悪い事、不倫をしている人は悪い人と思われがちです。
しかし、これは国内の話であって、世界には一夫多妻制のところもあります。
外国人が日本の考え方に対して「真面目」という印象を受けるかもしれません。

当然ですが日本では不倫をしていると堂々とは言えません。
しかし、外国では結婚相手以外の異性とデートすることを意外とオープンにしている場合もあるようです。
場合によってはの話なので、どの国でもというわけではありません。
一夫多妻制の国であれば、このようなことは不思議でもなんでもないのかもしれません。

不倫は悪いということですが、そもそも不倫とは何なのでしょうか。
ドラマや映画でも不倫は題材になりますが、浮気とは少し違うものとして捉えられています。
不倫は既婚者が、結婚相手以外の異性と愛し合い、体の関係を持っているということです。

浮気は不倫と同じような感じでもありますが、結婚はしていないと考えて良いでしょう。
ここが大きな違いであり、浮気であれば慰謝料請求や離婚など書面が必要なことにはなりません。
もちろん、大変は大変でしょうし、婚約していれば浮気とは言い難くなります。

しかし、不倫はバレたら一大事です。
不倫がバレれば、相手は不快におもい、不満が爆発し、恨みにも近い怒りがあるでしょう。
しかし、相手に対して起こるだけでは気が済まないのが不倫です。

家庭によると思いますが、慰謝料請求、離婚、養育費など様々な支払いが生じることがあります。
不倫は非常にスリルが有り、非常に危険な行為で、自分の首をある程度占めている状態でもあります。
しかし、不倫をする男女は減りません。
やはり寂しさを感じている男女が増えているのかもしれません。

相手が既婚者でもあっても好きになる事があるものです

男性は浮気をするものというのが世間一般で言われています。
しかし、女性からしてみれば不思議なのではないでしょうか。

インターネット上では出会い系サイトやアダルトサイトなどいろいろなものが蔓延っています。
それを見るのは対して問題ではないのですが、女性からしてみれば理解しがたい部分があります。

女性は付き合っている彼がいる場合は、とにかくその男性を愛すると思われています。
彼のことが嫌いにならない限りは一人だけを好きでいるでしょう。
しかし、複数の男性と付き合っている女性もいます。
でも、男性とは少し違います。

付き合っている彼のことを好きでは思えず、むしろ嫌いになってくると誰かを好きになる場合があります。
しかし、同時進行ではありません。
彼のことははっきり言って自分の中では終わっている話です。
ダブっているとしてもほかの男性が気になっている程度で彼に対してははっきりとした気持ちがあります。
冷めているままなんとなく継続してしまうこともあるかもしれませんが、ダメなときには気になる人を好きになります。
もし、相手が既婚者でも、付き合っている人がいても好きになります。

好きになるのだけは自由です。
私も過去に既婚者の男性を好きになったことがあります。
しかし、何も発展はしませんでした。
相手は私が好きだということは知りませんでした。
微妙な感じではあるのですが、相手に入り込むところがあれば誘っていたと思います。
しかし、不倫という関係はやはり少しいけないことだという思いがありました。

自分ではそう思っていますが、本人同士が同意の上であれば問題ないような感じもします。
実際に周りには不倫をしている、不倫経験がある友達は結構います。
実際、現在の職場でも不倫をしている人はいます。
もちろん、その人たちが大々的に不倫をしているといったわけではありません。

昔、好きだった人に少し声をかけてみてもよかったかな・・・と思っています。
残業でいつも残っていたしチャンスはありました。
そうすれば社内旅行ももう少し楽しめたりしたのかな・・・と思うことがあります。

不倫自体は悪い事だと分かっている人が多いものです

男にとって浮気は解消とも言われていますが、不貞行為を肯定している意見です。
昔、不倫は文化といった有名人もいます。

イメージ的に、政治家や大物芸能人、大企業の社長などは愛人を囲っていると思う人も多いです。
お金があrからこそ、愛人を作ったり、不倫をしたりするという風潮があります。
公にバレることがなければ問題ないという人もいます。

悪いことだと自覚はしていますし、公になってしまった場合、自分の立場が危うくなると理解しているのです。
しかし、バレなければ大丈夫という気持ちが後押ししてしまっているのだと思います。

夫婦のアンケートによると夫であると4割以上、妻である場合は3割以上が不倫をしているというデータがあります。
もちろん、過去にそう言った経験もある人を含めてのデータです。
バレてしまった人もいるでしょうが、多くは明るみにはなっていません。

不倫を肯定する場合、バレないし、周りにも気づかれないし、自分はうまくやれるという理由で肯定している場合があります。
しかし、肯定していてもやはり不倫自体は悪いことだと自覚しています。
となると、バレないと言うということは、行為自体は良くないと思っているわけですから、正しいこととは思っていないということです。
バレないと思っていても、罪悪感を感じることがあるでしょうし、配偶者に悪いという気持ちを持っていることが少なくありません。

公にはならないとしても、可能性はゼロではありません。
実際には不倫が原因で問題が勃発している家庭はたくさんあるのです。
問題の真っ只中にある人のほとんどは自分は大丈夫だと思っていたはずです。

不倫を肯定するかしないかは人それぞれだと思います。
しかし、実際に不倫をしていても、していなくても、不倫自体が良いことだと思っている人はほぼいないと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ